小児矯正治療/本格矯正治療|日野市高幡不動駅前の矯正歯科

  • Web予約
  • 0120042667

小児矯正治療/本格矯正治療

矯正治療には乳歯が残っているうちに行う小児矯正治療(Ⅰ期治療、予防矯正とも言います)と、永久歯に生え変わってから行う本格矯正治療(Ⅱ期治療とも言います)があります。
ご希望により部分的な矯正治療で行える場合もありますのでお気軽にご相談ください。

  • 小児矯正治療
  • 本格矯正治療

小児矯正治療

image

小児矯正治療はあご自体を正しく整える治療です。
でこぼこやねじれなどは本格矯正治療も行わないと治らないことがあります。

主に小学生までの乳歯が生え変わるまでに行う治療です。
上対下の顎の成長バランスを整えたり、入りきらない永久歯を並べるよう顎を大きくして生え変わってから永久歯を抜かないで済むようにする大事な矯正治療です。

当院では特に歯を抜かない治療に力を入れております。ご心配な方はお早めにご相談ください。
相談が早すぎて悪いことはありません。相談は無料で行っております。

使用する装置について

  • ムーシールド

    ムーシールド

  • 拡大床

    拡大床

  • マルチーP

    マルチーP

小児矯正治療症例

  • 小児矯正治療症例

    Before

  • arrow
  • 小児矯正治療症例

    After

  • 右側面
    • 小児矯正治療症例

      Before

    • 小児矯正治療症例

      After

  • 左側面
    • 小児矯正治療症例

      Before

    • 小児矯正治療症例

      After

  • 上顎
    • 小児矯正治療症例

      Before

    • 小児矯正治療症例

      After

  • 下顎
    • 小児矯正治療症例

      Before

    • 小児矯正治療症例

      After

  • 前歯の咬み合わせ
    • 小児矯正治療症例

      Before

    • 小児矯正治療症例

      After

前歯の反対咬合と下前歯の叢生(デコボコの状態)が治りました。
上:リンガルアーチ(固定式、前歯をスプリングで押し出します)。下:拡大床です。
治療開始年齢:8歳5ヶ月男性
治療期間:1年

他の症例もみる

本格矯正治療

永久歯に生え変わってから、歯に直接接着した固定式装置で行う治療です。
当院では田村元先生(江戸川区、田村矯正歯科医院)開発のT21ブラケットを使用し、成田信一先生(目黒区、自由が丘矯正歯科クリニック)のJETシステムを取り入れた治療を行っています。
もちろん両先生のセミナーには早くから参加し、田村先生の診療所を見学させていただき貴重なご意見を頂戴いたしました。

当院の本格矯正治療では少ない痛みで早く治る方が多いです

永久歯の不正咬合を治す矯正装置として、歯に直接接着してワイヤーを通すマルチブラケット装置が広く一般的に使われています。この治療は治療期間が2~3年程度と長い、痛みがある、虫歯になりやすいなど、問題点もありました。
当院ではT21システムを全面的に取り入れ、小学校高学年や中学生の方ではおおよそ1年で歯並びが治っています。おとなの方でもほとんど痛みを感じることなく歯の動きを実感でき、治っているのがわかるとおっしゃっています。
※矯正治療の期間は個人差が有ります。

どこが違うのか?

image

摩擦が少ないので動き易い。弱い力で動かせる。

なぜ従来のマルチブラケット装置に比べてこうも違うのかと言いますと、右の写真のT21ブラケットを見ますと、ブラケット(右側)にキャップ(左側)がはまって全体を構成しています。

image

コの字型の金属ステーはワイヤーが通る部分でその名称をスロットといいます。
エッジワイズブラケット(左)とT21ブラケットが並んだ右の写真をご覧ください。一般的なブラケットではワイヤーをブラケットのスロットにしっかり押さえつけるように小さなオーリングや決紮線という細いワイヤーで縛っていたので摩擦が大きく歯が動きにくかったのですが、T21ではキャップをかぶせることで摩擦がほとんどなく弱い力で歯を動かすことができます。弱い力で歯を動かせるので痛みも少なく、力が歯の移動に最適なので早く動く(力の大きさに比例してどんどん歯が動くわけではありません)という結果につながっています。

image

金属製やゴム製のものは簡単には動きませんが。T21が摩擦力が少ないことがわかります。

一般的なマルチブラケット装置に比べリスクを減らすことが出来ます

マルチブラケット装置での矯正治療のリスクとしては

  • 歯根吸収(歯の根っこの先が少し溶けて根が短くなる現象)
  • 歯肉退縮(歯と歯の間の歯肉=歯間乳頭という、が少し下がって隙間があく現象)

が知られています。
※医療行為には残念ながらリスクが伴います。当院では初診時にリスクについてもご説明しています。

T21ブラケットによる治療では一般的な装置での治療に比べて、歯根吸収がおおよそ1/12に歯肉退縮が2/11に減少するという報告があります。(田村元、丸山成暢、フルパッシブ矯正の理論と臨床⑯、JOP、2011)

私、島田は20有余年の間矯正臨床に携わりながら治療によるリスクをなるべく回避できないかと常に考え、さまざまな文献を調べ諸先生方のご意見に耳を傾け、低リスクの体に優しい矯正治療法を模索してまいりました。

その結果、T21ブラケットによる治療法にたどりついた次第です。
ではT21ブラケットを着ければすべてうまくいくかと言うとそうではありません。
ハードだけではだめでノウハウが必要です。同じ線路の幅だからと言って京浜急行に新幹線を走らせても速くなりません。新幹線は車両だけではなく信号システムもろもろ全て含めて新幹線なのです。
当院ではJETシステムを参考に、T21ブラケットの性能を充分生かした治療を行っております。

若年本格矯正治療症例 小学生

  • 若年本格矯正治療症例

    Before

  • arrow
  • 若年本格矯正治療症例

    After

  • 右側面
    • 若年本格矯正治療症例

      Before

    • 若年本格矯正治療症例

      After

  • 左側面
    • 若年本格矯正治療症例

      Before

    • 若年本格矯正治療症例

      After

  • 上顎
    • 若年本格矯正治療症例

      Before

    • 若年本格矯正治療症例

      After

  • 下顎
    • 若年本格矯正治療症例

      Before

    • 若年本格矯正治療症例

      After

  • 前歯の咬み合わせ
    • 若年本格矯正治療症例

      Before

    • 若年本格矯正治療症例

      After

左右の八重歯と過蓋咬合(噛み合わせが深い、下の前歯が見えない)。
上2本抜歯。
重症でしたが、ゴムを頑張って使っていただき、短期間で治りました。
治療開始年齢:10歳5ヶ月男性
治療期間:1年6ヶ月

他の症例もみる

ページトップへ戻る